2007年1月13日
熊野古道
紀伊路・中辺路ウォーク
13回シリーズのH回目


芳養王子・出立王子


0
紀ノ川SA=芳養王子…天神崎…潮垢離場跡
出立王子…道分け石…蟻通神社…とうけいじんじゃ
0



梅田7時30分発、本日は渋滞ナシで『とれとれ市場』に11時前に着。
まずは腹ごしらえ・です






芳養王子社跡
藤原宗忠が天仁2年(1109)10月に参詣したと日記「中右記」に記すなど、
多くの文献に名が残る王子です。





和歌山県の名物・『さんまの丸干し』






一里塚地蔵
一里塚とは、大きな道路の側に1里毎に旅行者の目印として設置した塚(土盛り)です。
平安時代末期に、奥州藤原氏が白河の関から陸奥湾までの道に里程標を立てたのが
最初と言われてます。江戸に幕府が開かれた翌年に江戸に至るおもな街道に一里塚
を設置する命令が出されました。
お正月の〆飾りが、チョッと かわってますネ。




バス停・『牛の鼻』を過ぎて熊野古道から少し外れた海沿いを
『天神崎』に向かいます。










潮垢離浜跡
熊野三山に入るため、最後の潮垢離場となった所です。






出立王子跡
建仁元年(1201)の御幸記では後鳥羽院に同行した藤原定家が不覚にも
風邪をひき、出立での潮垢離を辞退したところ、厳しく叱責され、やむなく
潮浴びをしたと伝えられています。王子社はもと元町西郷の御所谷附近
にあったといわれていますが、現在はこの位置に移されています。



ここを過ぎた辺りで町中にサイレンが鳴り響きまして、
「津波注意報が出ました…」なんて放送に
吃驚仰天しましたが、地元の人は案外平気みたいで、
町は平常通り、静かなものでした。
   0



大辺路、中辺路の分岐点となっており、田辺特有の迷路のような町並みのため
参拝者が道に迷わないよう市内には、道しるべとして石碑が建っています。  
0





蟻通神社
【蟻通伝説】
その昔、唐の帝が日本を取ろうと企て、難問をしかけてためそうとしま
した。第1問は「流れる枝の元と末の見分け方」、第2問は「蛇のおすと
めすの見分け方」、第3問が「七曲がりの玉に糸を通すこと」です。これ
らの難問に誰も答えることができませんでした。
この伝説によると、当時わが国では40歳以上の年寄りを都から追放し
ていたのですが、親思いのある中将は両親を追放せず、秘かに匿って
おり、両親の知恵で1問、2問と見事に解答し、もっとも難しい第3問
も七曲がりの穴の片方にミツをぬり、他方の穴から蟻に糸を結んで進ま
せることで、穴に糸を通すことができ、見事3問すべて解答することがで
きました。これ以来、知恵ある年寄を追放することはなくなったそうです。




本日のゴールとうけいじんじゃ
新熊野権現、新熊野十二所権現、新熊野鶏合権現、鶏合宮、田辺宮などなど、
種々の社名のある神社で、熊野別当湛増が源平合戦の出陣にのぞみ、源平い
ずれに味方するかで紅白の鶏を戦わせた故事にちなみ現在ではとうけいじんじゃ
と呼ばれています。




本日のコースは坂がナシ、
距離も短いため本当の「悠々遊歩」。
一番の苦労はとうけいじんじゃの『けい』の字が
私のパソコンでは出なかった事であります。
TOPの地図は「闘鶏」になっておりますが、
ご勘弁下さい。





次へ