2007年6月9日
     澤熊講師と歩く湖北の観音さま

(湖北の仏教文化と伊香三十三観音巡りウォーク)
〔第2回〕




   0
0
0
0
0
0


大阪梅田茶屋町名神=湖西線道の駅・あどがわ
和蔵堂(善隆寺)
徳円寺→ 昼食(ラピラミッド)浄光寺(落川の観音)
大円寺(高月の観音)
冷水寺(宇根の鞘仏)竹蓮寺(西阿閉の観音)
西野薬師観音堂  木之本IC北陸道 = 名神 大阪梅田




一口メモ
般若心経は一般には600巻に及ぶ「大般若波羅蜜多経」のエッセンス等と いわれていますが
『大般若波羅蜜多経』(『大般若経』)及び『摩訶般若波羅蜜経』(『大品般若経』)からの 抜粋
に 『陀羅尼集経』に収録されている 陀羅尼 (Skt:dh?ran?) を末尾に 付け加えたものである。
般若経典群のテーマを「空」の1字に集約して、その重要性を説いて悟りの成就を讃える体裁を
とりながら末尾に付加した陀羅尼によって仏教の持つ呪術的な側面が 特に強調されています

00


和蔵堂(善隆寺)
十一面観世音立像・お身丈約一b桧の一木造りです。阿弥陀佛頭も桧で刻まれ、
身丈が一丈六尺あったとか
・・・・・・・・・・・・・・・所在地・滋賀県伊香郡西浅井町山門

本日の天気予報は100%雨・・・しかし、11時現在・どんよりしたお天気ですが、何とか持ちこたえています。


徳円寺
木造馬頭観音立像・像高80.0cm ・榧材の一木造・・・所在地・伊香郡西浅井町大字庄
徳円寺の本堂本尊で、厨子内に秘仏として安置されています。本日は我々の為に特別に扉を開いて下さいました。
頭上に大きな馬頭を戴き、本面は目尻をつり上げ、開口して怒りの表情を表し、脇面は閉口して上歯をのぞかせる
いわゆる三面三目・八臂の立像です。 合掌する真手は、馬頭観音独特の根本馬口印を結んでいらっしゃいます。


浄光寺(落川の観音)
十一面観音立像寄木造、像高95.7cm・・・
左右に阿弥陀如来・薬師如来の三尊が安置されています。
永らく秘仏でしたが近年開帳の運びとなりました・・・所在地・
伊香郡高月町落川


大円寺(高月の観音
・高月町高月
本尊の
千手観音像は、室町時代の作で、高月町指定文化財になっています。寄木造、像高154.2cm
戦乱の昔に兵火からのがれて岩上に立たれたとされ、火災から村人を守る「火除けの観音さま」と慕われています


♪.誰かさんと誰かさんが麦畑・・・、ザ・ドリフターズの歌声が何処かから、聞こえてくる雰囲気です


冷水寺(宇根の鞘仏)
伊香郡高月町宇根308-1
神亀年中(724〜729)僧、行基が観音像を刻み、宇根に開いたと 伝えられる小堂(宇根野寺)が現在の慈光山冷水寺の祖です。


胎内仏
宇根区では、賤ヶ岳の戦いの際、柴田勝家によって焼き討ちに遭った本尊が、秘仏として安置されていると
伝わっていました。それは、あまりに損傷がひどく、その痛ましい姿に心を痛めた住民が、元禄15年に京都
で鞘仏をつくり、その中に納められているというものでした。                            
0



世界一小さい資料館
平成8年、観音堂の屋根の修復工事の際、鞘仏をはずしたところ、なかから胎内仏が現れました。
言い伝えが 現実のものとなったのです。 おどろいたと同時に 大きな感動を受けた村の人々は、
この歴史を後世に伝えていこうと、自分達の手でこの小さな小さな胎内仏資料館を建設しました。



竹蓮寺(西阿閉の観音)
木造宝冠阿弥陀如来坐像(伝聖観音)
ケヤキ一木造 像高83.0cm所在地・高月町西阿閉
両手は近世の補修によって観音の手を取り付けられていますが、
おそらく当初は膝の上で阿弥陀定印を結んでいたと思われます。



木造宝冠阿弥陀如来坐像
(伝聖観音)
黒いんです 真っ黒けに写っちゃうのです。困っちゃうのです。
マウスを乗せると照明が点灯

-



西野薬師観音堂
本堂の南の少し離れたところに建つ薬師堂には、戦国時代の兵火による焼失をまぬがれた
十一面観音立像薬師如来立像 が安置されています。(ともに国の重要文化財指定)
薬師如来立像は、像高160cm、欅の一木造で漆箔が施され、薬壺を持たず来迎印を結んで
いるのが特徴と いわれます。また、十一面観音立像は、像高167cm、檜の一木造に漆箔が
ほどこされ、ふっくらした穏やかな表情に肩幅が広く肉付きの良い体つき、流れるような衣が
平安時代の仏像の特徴をよくあらわしています。                         
0

西野薬師観音堂内は撮影禁止なので・・・堂外から撮って・・・
グッ〜と引き伸ばし・・・何とか・・・
これも違反ですか〜




伊香三十三観音様の朱印帳