2005年11月10日   大阪府歩け歩け協会の工場見学ウォーク
夢の城
舞州廃棄物処理工場見学


阪神・伝法駅 10時集合 北港ヨットハーバー 常吉大橋
舞州グランプリパーク 工場見学 →→ 此花大橋 JR桜島駅


大阪市の 夢の城ならぬ無駄の城、 淀川堤をイザ出発
0
 大阪オリンピックの舞台となるはずだった此花区北港の人工島「舞洲」
その入口にそびえる奇怪な建物見学が主な目的。ラブホテルだとしても場違いであり豪華すぎる。
なんと、その建物の正体は「ゴミ処理場」なのです。
芸術の都ウィーンにおける世界的芸術家「フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏」の設計で
作られた芸術作品なのだそうですが
2001年竣工、総工費、1409億円。その芸術作品は
大阪市民の血税で作られました。
まさに大阪沈没のシンボルです。
0
沢山の窓があるでしょう。全部形が違うとか・・・そして、その窓の90%以上がダミー、単なるお飾りで
なんの役にも立っていなんです。さすが無駄使いの上手な大阪・・・お見事・(笑ってンと しゃ〜ない)
0
『 建物内のは一つとして同じ物はありません 』 と説明を受けても・・・それが どうした  
                                                    段々(怒り)が
0
設計者のヴァッサー氏たら云うおっさんは「この世の中は曲線ばかりで構成されている」と主張して
見学者用の通路の手スリまで ぐにゃぐにゃ の曲線に・・ あァ〜ぁ ・ エエ加減にしとけょ
0
0
終日快晴、ボカボカ暖かい良いお天気でしたが、こんな無駄デザインに我々の税金を・・・
財政破綻の大阪の行く末は・・・晴れない気持ちを胸に、此花大橋を渡り帰途に・・・

戻る