2006年10月10日
源平の戦い〜武蔵・小次郎の巌流島〜維新の足跡をたどる 〔12キロ〕
関門海峡ウォーク巌流島長府散策それからレトロ門司
0
名門大洋フェリー (南港20時発〜新門司港・朝8時着)
このフェリーは初体験、なかなかいい…、特に二等寝台は
さんふらわよりひとクラス上の感じ
各ベットにTVが付いてますが、
中日ドラゴンズ・落合監督の胴上げを見るハメになろうとは…
0
〔 がんばれ!、阪神タイガース〕 の意味を込めて、フェリーを化粧直し

0
   地図を大きくする   
0


本日のウォーク起点は鹿児島本線の終着・門司駅
ここで線路がブッツり切れている光景がめずらしい




関門橋のたもと
和布刈神社

ここめかり神社で毎年、旧暦元旦の午前2時から行われる「和布刈神事」は有名で地元ではTV放映したり
しています。身体を清めた神官が海に入り、神事(海のワカメを刈り取る) を行います。
刈られたわかめは、
その年初めて神に
捧げられる神饌とされます。和布刈神社で刈られた和布は 朝廷にも献じられ、最も古い
記録としては和銅三年、元明天皇の時代のものがあります。しかし朝貢の風習は平安時代に廃れ、その後
は神社の御祭神と、その時の領主のみに献上されるようになりました。                     
0

0


関門トンネル

本州と九州を繋ぐ関門海峡のルートは四ッあります。シンボル的存在の高速自動車道とトンネルが三ッ
トンネルは山陽新幹線の新関門トンネル、山陽本線の関門トンネル、それから上が自動車道で下が人道
の2重構造になっている・国道トンネルです。我々はこの自動車道の下の人道利用で下関に向かいます。

距離780メートル、歩行者、自転車、50cc以下の原動機付自転車用の幅4mのトンネルで、地上とトンネル
の間はエレベーターを利用します。県境は海面下58mにあり、通行料金は無料です。          
 
00
船なら対岸の下関までまで5分なのに、ご苦労さんですネ。
0


みもすそ川公園(御裾川)
関門人道の出入り口、関門橋の橋脚横にる公園で、関門海峡や関門橋を望めますす。
長州砲のレプリカや、源 義経・平 知盛 像も最近設置され、 整備された公園です。

御裾川橋
欄干はありますが、川は何処に・・・



壇ノ浦

一日に四回、その流れの向きをかえる関門海峡。対岸との幅は狭い所で約700メートルで
潮流の速度は最高で10ノット〔時速18キロ〕、その流れの変わり目に出逢いました。凄い!


0

赤間神宮
今を去る八〇〇年の昔、源平最後の合戦に 安徳天皇は御歳僅か八才をもって平家一門と共に壇之浦に
崩じ給うや赤間関紅石山麓 阿弥陀寺境内に奉葬し 建久二年 朝廷は長門国に勅して御陵上に御影堂を
建立せしめ給い建礼門院御乳母の女 少将の局命阿尼をして奉侍の上、勅願寺として永く 天皇の御冥福
を祈らしめ給う、朝廷の尊崇きわめて篤く文人墨客の参拝亦枚挙にいとまなし。               
0
明治維新に至るや阿弥陀寺を廃し 御影堂を改めて 天皇社 と称せられ 明治八年十月七日勅命をもって
官幣中社に列し、地名に依り社号を赤間宮と定め給い、社殿を造営せしめらる。                
0
昭和十五年八月一日 天皇陛下には 勅使を差し遣わされ 官幣大社に 御列格宮号を 改めて赤間神宮と
宣下あらせられ、社殿又改造し 輪奐の美整いしが 惜しむべし大東亜大戦の 空襲を 蒙り 神殿以下 悉く
焼失加ふるに未曽有の敗戦に依り復興造営は至難を極めしも本殿祝詞殿以下御復興に邁進、苦節苦闘
二十年にして完工、昭和四十年四月御祭神七八〇年大祭を迎え関門の風光に和する社殿の壮麗は昔日
に倍し実に陸の龍宮と称えらるるに至れり                                    
0
0
簡単に云うと、源平最後の戦いで壇ノ浦に崩じた8歳の安徳帝と平家一門の霊を・・・
0
0

日清講和記念館
1895年、清国の李鴻章と、日本の伊藤博文の間で結ばれた日清講和条約。その時に使用された調度品や
貴重な資料を展示した記念館。フランス製のストーブ1個、大小16脚のイスやテーブル、古風の大ランプ2個
のほか、印肉つぼ、インキつぼなどの小物まで、当時そのままの姿で部屋に再現されています。      
0
                         日清戦争
日清条約のこと


李鴻章道
明治28年3月24日 第3回目の会議を終えた清国全権・李鴻章は宿舎である引接寺への帰途
小山豊太郎という青年に狙撃されました。事件後、李鴻章は大通りを避け、山沿いの小径道を
利用したという。その小径はいつしか
「李鴻章道」と呼ばれるようになりました。       0

0

下関・唐戸
下関の名物は?、河豚・下関ではふぐではなくふく〔福〕と呼びます。
そうだ!、安倍新総理も…、それからフランシスコザビエルの日本上陸の地も、ここ唐戸にあります。
0
0

巌流島〔船島〕
島に渡るには唐戸桟橋から関西汽船の直行船で10分。 往復料金は金千円也。
片道の料金は表示されてませんでした。〔あたり前や、無人島に残ってどうする〕
0
なんで巌流島?、武蔵島と呼ばないのは、負けた方の無念の祟りを恐れる日本人独特の感情かナ
0


唐戸市場
安い!・買いたい!。でも生もの、大阪までは・ア・カ・ン



火の山

展望台で昼食です



長府
本州の西端山口県下関市にこの町があります。この城下町長府の歴史は古く、この地が「古事記」や
「日本書紀」などの記録の上に登場してくるのは今から約1800年前の西暦193年、仲哀天皇・
神功皇后が西国平定に際し、この地に
仮皇居として豊浦宮(現、忌宮神社)を置かれてからと伝えら
れています。                                      
0
大化の改新(645年)以降、この地方は穴門、阿武の二つの国が合わせて長門の国となり、その国府(役所)が
ここ豊浦に置かれていたことから「
長門の国の国府」がつづまって、長府と呼ばれるようになりjdq>

                                国府のこと

笑山寺
この寺は、元和年間(1615−23)に、長府藩祖毛利秀元が、亀ノ甲にあった蓬莱山潮音院という古跡寺号を
現在地に移して再建。実母の位牌を安置し、その法名にちなんで妙寿寺と改称したのに始まるといわれます。
開山は天翁和尚。 その後 二代藩主光広が承応元年(1652)秀元の父・穂田元清の霊位を功山寺から移し、
その法名「洞霊寺笑山常快」から笑山寺と称しました。市指定文化財の十三重石塔や光広と七代藩主師就の
巨大な五輪塔などがあります。                                              
0



功山寺
鎌倉時代創建、唐様建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺様式を残しており国宝に指定されています。
元々は長福寺と呼ばれており、功山寺となったのは長府藩祖毛利秀元の菩提寺とされてからです。
また、幾度となく歴史の舞台になったところで、毛利元就に追われた
大内義長が自刃した場所でもあります。



長府といえば 忘れてはならないのが、明治維新の中心として活躍した奇兵隊長府報國隊
拠点として深く関わった地でもあり、
高杉晋作坂本龍馬ら多くの志士たちが、この地より
日本の夜明けのために奔走しました。特に
高杉晋作が僅か80人を率いて起こした功山寺挙兵
有名です。この挙兵がやがて、
武士の時代を終わらすことになったのです。       0



毛利邸
旧防長藩主毛利氏により、大正5年(1916)に建てられたもので、邸宅は総ヒノキ造りの壮大な建築。
庭園はひょうたん池を巡る廻遊式で、四季折々の景観が楽しめます。




長府の街並み
惣社町から古江小路一帯は、最も城下町の雰囲気を残す所です。



乃木神社乃木邸
明治45年(1912)7月30日明治天皇が崩御せられ、御大葬の大正元年9月13日御霊轜が
宮城を出発する号砲が打たれた午後8時過ぎ、乃木希典将軍と妻静子夫人は 先帝に殉じて0
自刃を遂げられました。                                          0
時の東京市市長阪谷芳郎男爵が先頭に立って広く同志を集め、中央乃木会を組織して乃木邸内の
小社に御夫妻の御霊をお祀りし、毎年9月13日にはその御前に祭儀を斎行するとともに青少年への
研修会を開催するなど、御夫妻の精神を永世に伝えようと活発に活動、大正8年には乃木神社創立
の許可がくだり、明治神宮創建の後御造営の事業が起こされ、大正12年(1923)11月1日鎮座祭
が斎行されました。                                               0

♪ 旅順開城 約成りて 敵の将軍 ステッセル 乃木大将と 会見に 所はいずこ 水師営 ♪
質素倹約の代表みたいな乃木邸で、皆さんと大声張り上げ唄いたかったのですが (リンクたくろうの名曲玉手箱)
撮影に夢中になっていて、取り残されて・・・

                           乃木大将日露戦争のこと


忌宮神社
いみのみやじんじゃ
西暦193年、長門国二の宮で、仲哀天皇・神宮皇后が九州の豪族熊襲を鎮圧し西国平定の折り
ここに仮皇居として豊浦宮を建て西暦200年までの7年間滞在したと言われています。   
0
また西暦195年には、渡来人が蚕種 を献上したという
蚕種渡来地の碑 が境内の一角にあります



関門橋
予定の行程は無事終了。往路は歩いた関門海峡を、帰りは関門橋をバスで渡ります。



門司駅
フェリー20時発までの時間調整で、懐かしくて新しい門司の町を散策


レトロ門司の夜景