2007年11月21日
東海自然歩道
横蔵寺〜華厳寺

0
大阪梅田 関ヶ原IC 横蔵寺駐車場(昼食)横蔵寺(拝観)
仁王門跡 妙法ケ岳(標高667) 華厳寺奥ノ院 谷汲山満願堂(ゴール)
0



 両界山・横蔵寺
 801年(延暦20)に伝教大師最澄が創建したと伝えられる寺。
 22体の国の重要文化財が安置され、多くの絵画、書籍を蔵していることから
 「美濃の正倉院」と呼ばれています。
 中でも200年前に即身成仏したという妙心法師のミイラは有名です。
 秋になると周囲の山々や境内に植えられた木々が美しく色づき、紅葉の名所となります。
 生憎の雨模様でしたが、小雨に濡れた紅葉も趣があります。



 このコースは半端じゃ〜ない
 「お寺参りのついでに」なんて油断していたら、ひどい目に遭いました。
 起伏の激しい登りもさることながら、妙法ケ岳からの下りが普通ではない。
 垂直の崖を下ってる感じ・・・それが1時間以上つづくのですもの・・・



谷汲山・華厳寺
 798年(延暦17)に豊然上人が開創した天台宗の寺。
 西国三十三番満願霊場であり、満願を果たした巡礼者が着物を脱いで納める笈摺堂や、
 本堂の柱にかかる青銅の鯉に触れて精進落としをするなど独特の雰囲気が漂う寺です。
 "谷汲さん"の名で親しまれていますが、本日下山の時刻はすでに宵闇が迫り、門前の 
 お店も一軒を残して、他はすべて店じまい・・・本堂にお参り後は早々にバスで帰途へ…