2007年6月30日〜7月2日
7月1日
富士の山開き登山


6月30日大阪梅田茶屋町8:00発名神・東名富士スバルライン富士五合目・雲上閣4:30着


富士五合目・雲上閣…夕食後、身支度の後 いよいよスタートです。 登山開始 17:30
NHKのスタッフが我々に同行、なんでも『変わり行く富士登山』という番組創りのタメとか・・・
しかし、放映は7月6日早朝、関東圏のみの放映とか・・・インタビュー頑張ったのに
                                                    ココ
山の天気は気まぐれ、晴れてると思ったら、急にガスで一寸先が見えなくなります。
皆さん装備は完璧です。装備だけならヒマラヤだって・・・



小雨ですけど降ってます・・・暗くなって来ましたので・・・ヘッドランプ点灯・・・時刻は8時前…
見上げると、遥か彼方に山小屋の明かりが・・・あれが今夜の宿・・・アト15分位と云うけれど
                                             ほんとかいナ〜



七合目・今夜の宿『花小屋』着は20:10・・・明朝は4時起床・・・早く寝なくては・・・


7月1日四時起床・・・生憎ガス多く、ご来光はダメ。 サテ、頂上に向かって5:30七合目発


八合目手前で晴れて来ました。紺碧の空が素晴らしい


写真の順番が違っているかも・・・前後逆かも・・・私、チョッとへたばり気味です。


ベースキャンプの八合目の山小屋『太子館』。 ココで大きなリュックは預けて、頂上に挑みます。
八合目の山小屋・太子館は→ココを


空は晴れて気持ちがイイ・・・けどシンドイ・・・けどココでリタイアしたらカッコ悪い・・・けどシンドイ
白雲荘前の赤い上衣は澤熊講師、お世話になりました
写真中央は杉山サンです。元気を頂きました。アリガトウ


右端の男性は山岳ガイドの廣田勇介さん・・・今回、このお方のお陰で、登頂出来たようなものです。
お世話になり、ありがとうございました



富士登山最大の難所…胸突き八丁も、コノ鳥居が終点です。
その難所の雰囲気が撮れてない
・・・残念・・・真剣にシンドかった・・・


富士山の頂上です。日本で一番高い所です。皆さんに引っ張られてナントカ・ナントカ
バンザ〜イの声が高らかに・・・タイガースの虎も吼えてました。



富士頂上のお鉢(噴火口跡)、凄い迫力・・・吸い込まれそう・・・


降りも大変です。小石で滑ります…三度転びましたよ。 事故があったのか?救助のヘリが・・・
山頂からの眺め

7月1日は
4:30時起床
5:30七合目発→富士山頂13:25→降り→16:30八合目太子館着(泊)



7月2日八合目の太子館4:00起床・・・ご来光は4:30


降り道は落石に注意です。頑丈な避難小屋があります。シェルター内を通らねば危ない所もあります。


5:00に八合目の宿泊小屋「太子館」を出て→途中に朝食→7:50全員無事に目出度くゴールの五合目。


下山後は「富士緑の休暇村」で入浴と昼食・・・ココを








この写真は私が16歳、高校一年生の時の富士登山記録です。
何年前になるのか…忘れてしまいましが、
三人の真ん中がわたくし、
ぶっ倒れてる場所は山頂にあった、元・富士観測所でございます。