2009年9月29日
歴史シリーズ・城めぐり
伊賀上野城&松阪城







大阪城を守る為と、大阪城を攻める為の城
伊賀上野城
天正13年(1585)大和郡山から移封された筒井定次により築城。
天下統一を進める豊臣秀吉は、大坂城を中心とする大名配置を行い、大和郡山には、異父弟羽柴秀長をおいて
大和・和泉・紀伊三ケ国の大守とします。郡山の筒井定次はその外側を守る形で伊賀国への国替えとなったの
です。定次は伊賀に移ると旧伊賀守護仁木氏の城館跡(後の西之丸の地)に仮館を建てて、平楽寺・薬師寺跡
の高丘に新しく城を築きました。
慶長13年(1608)徳川家康は信任厚い 藤堂高虎に、伊賀の国10萬石・伊勢の内10萬石 、伊予の内2万石
合わせて22萬石を与えました。
藤堂高虎が伊賀、伊勢に移封されたのは、家康の信任が厚かったのと、築城の名手でもあり、来るべく大坂との
決戦に備えたもので、筒井定次の城は、大坂城の出城として大坂を守る形をとっていたのに対し、高虎の城は、
大坂を攻撃するための城と全 く逆の立場の城として、慶長16年(1611)正月、 上野城を有事の根城として本丸を
西に拡張、高さ 約30メートルという高石垣をめぐらして、南を大手と したのです。
 しかし、五層の天守閣は、慶長17年(1612)9月2日、当地を襲った大暴風で倒壊してしまいました。
慶長19年(1614)の大坂冬の陣、元和元年(1615)の夏の陣と家康方の勝利に終わり、幕府は諸大名に城
普請を厳しく禁止したので、上野城の天守閣が再建されることがなく、一国一城制では上野城は伊賀の国の城と
して認められた。 その後10萬石の加増をうけて32萬3千950石余の大藩として明治まで存続しました。

現天守閣の復興者は川崎克・・・川崎克は上野城天守閣復興に際し資金調達にすべての愛蔵品を手放した
にもかかわらず、芭蕉翁に関するものは手放さずに守り続けたといいます。    【 川崎克の事は・・・ココを

築城の名手藤堂高虎は、豊臣討伐に備えて堀を深く、石垣も高くし、南に二ノ丸を構築しました。
天守の位置を西側に移動し、今治城天守を移築しようとしたが、天下普請となった丹波亀山城に
献上したため新規に5層天守を建設したが、竣工をひかえた1612年(慶長17年)に嵐のため天守は
倒壊してしまいました。その後・武家諸法度による新規築城や改修の規制により江戸時代を通じて
再建されることはなかったのです。
天守閣内は、鎧兜がびっしり・・・同時期にコンクリート建築で再建された大坂城復興天守とは異なり、
木造で瓦葺き、白漆喰塗籠の望楼型3層3階.高さ23メートルの大天守と.2層2階の小天守で、立派


忍者博物館
伊賀上野城内にあり、忍者の服装をした案内人が自ら実践しながら、忍者屋敷の様々な仕掛けを紹介。
忍術体験館及び忍者伝承館では、忍者の道具や資料が展示してあるほか、ビデオで忍術の様子を紹介
しています。
以前は忍者屋敷と呼ばれていましたが、伊賀流忍者博物館に名称を変更されました。
                           忍者屋敷の方が親しみやすいのに・・・何でかナ〜


伊賀と甲賀の忍術

伊賀流は甲賀流と並んで忍術の中で最も有名な流派の1つです。山を1つ隔てた場所に存在する両者。
甲賀忍者が1人の主君に忠義を尽くすのに対し、
伊賀忍者は金銭による契約以上の関わりを雇い主との間に持たない点であると されています。
伊賀郷士はしばしば雇い主が敵同士の場合でも、依頼があれば双方に忍者を派遣する実例をも持つ。
そのため他の郷の忍者よりも一層、例え仲間であろうと即座に処断できるような厳酷な精神も求められた。

伊賀忍者で名を知られているのは服部家
本能寺の変の直後、堺にいた徳川家康が服部正成らに護衛されながら三河国へ逃げ戻りました。これを
神君伊賀越えと呼ばれています。江戸時代には上述の「伊賀越え」の功績を認められ、一般に服部半蔵
として知られる正成のもとに伊賀組同心として幕府に召し抱えられています。

余分な事ですが、忍者だったと云う歴史上の人物を並べてみましょうか
 天武天皇 -  天文遁甲に通じていたことを根拠に豊田有恒が忍者説を唱えた。通常、この「天文遁甲」は
           忍術ではなく占術のことと解釈されていますが…
 杉谷善住坊 - 織田信長を狙撃して失敗した根来衆。
 果心居士 - 戦国時代 幻術師
 山本勘助 - 新田次郎の歴史小説『武田信玄』で忍者として描かれいます。
 松尾芭蕉 - 伊賀出身の俳諧師だが伊賀忍者説があります。
 間宮林蔵 - 薩摩藩の鹿児島城に潜入して城中の蘇鉄に名前を刻んだ偉業で知られる公儀隠密。
 中根正盛 - 徳川秀忠に仕え、大番・小納戸を経て3代将軍徳川家光の側衆・大目付となった。公儀隠密の元締   



城内で「伊賀流手裏剣打選手権大会」なるものが開かれておりました。
第1回目のタメでしょうか、成績は皆さん今一でしたが、結構楽しそうに
腕前を競っていらっしゃいましたョ


昼食の名阪上野ドライブイン



ページを改めます

西名阪道〜伊勢道経由で松阪へ