澤熊講師と行く

大阪・中之島公会堂〜中辺路の入り口、藤白神社まで
熊野御幸記(紀伊路)を歩く

今から800年前の建仁元年・1201年10月5日、後鳥羽上皇の熊野詣のお供に加わった平安を代表する歌人の藤原定家が、その道中の様子を 日記に書き残したものが、熊野御幸記 として現在に残っています。
過去、断片的に歩いた事のある其の熊野路を、
今回は順序立てゝ歩く企てに参加する事にしました。


平安時代中期ごろから、熊野三山が聖地として信仰を集めるようになると、法皇・上皇などの皇族、女院らの参詣(熊野御幸)や貴族の参詣が相次ぐようになりました。

 その嚆矢は907年の宇多上皇とされ、鎌倉時代まで盛んに参詣が行われました。
 1081年には藤原為房(『為房卿記』)、
 1201年には後鳥羽上皇(藤原定家著『後鳥羽院熊野御幸記』)、
 1254年には藤原経俊(『経俊卿記』)が参詣したことが文献に記されています。


そのルートは
鳥羽離宮(現在の城南宮)から淀川を船で下り、摂津の窪津で上陸、沿道の王子社に巡拝を重ねながら河内国、和泉国を通り、現在の府県境でもある雄ノ山峠を越えて紀伊国に入ります。
そして、和歌山市、海南市、有田市、有田郡、御坊市、日高郡内を通り、中辺路、大辺路との分岐点である田辺市を経て熊野三山に至りますが、紀伊田辺を境に
紀伊路中辺路と区分されています。

第6回目まで、このページにあり 0


第1回
 2008年09月21日
大阪中之島・中央公会堂〜八軒家船着場跡〜住吉大社 
(歩行距離・約14`)

@大阪中之島・中央公会堂

A八軒家船着場跡

B窪津王子跡

C坂口王子跡

D榎大明神

E四天王寺

F安倍晴明神社

G
安倍王子神社

H住吉大社


第2回
2008年10月26日
住吉大社〜大和川〜信夫山
(歩行距離・約21`)
堺王子・篠田王子・平松王子

@住吉大社

A

B
後鳥羽天皇行宮址

C
大和川

D
境王子

E
鳳小栗海道交差点




F信太王子

G
平松王子

H


第3回
2008年11月03日
信夫山〜JR和泉橋本駅
(歩行距離・約18`)
井ノ口王子・池田王子・麻生川王子

@和泉清水

A井ノ口王子

B光明塚古墳



C

D恋が淵

E恋ぞめの淵


第4回
2008年12月21日
JR和泉橋本駅〜林昌寺(泉南市)
(歩行距離・約17`)
佐野王子・樫井王子・信達一ノ瀬王子








第5回
2009年01月04日
林昌寺(山中渓入り口)〜紀ノ川〜布施屋
(歩行距離・約18`)
山中王子〜山口王子〜川辺王子〜中村王子

琵琶ケ岸懸

0

地蔵堂王子跡

馬目王子跡

山中宿

日本最後の敵討ち場

中山王子跡付近

0

峠の地蔵さま

山口王子跡

川辺王子跡

中村王子跡


第6回
2009年02月01日
布施屋〜伊太祁曽神社〜藤白神社
(歩行距離・約18`)
佐和王子・平緒王子・奈久智王子・松坂王子・祓戸王子

吐前王子跡

川端王子跡



改修中の旧中筋家住宅

和佐王子跡

矢田峠

平緒王子跡

伊太祁曽神社

奈久智王子

伝・
奈久智王子

四ッ石地蔵

松阪王子

汐見峠

松代王子

菩提房王子

祓戸王子跡

藤白神社