2008年2月4日
香住のカニ料理と福知山城

本日はあくまで「カニ」が主役です。
大阪から香住までの230`、約3時間を日帰りで、
カニさんの為ノミで わざわざ出掛けるロマンを
満喫できる 1日でございました。


目的がカニだといっても、折角近くを通るのに・・・
と、
福知山城へ立ち寄りました。
京都府福知山市の朝輝ケ丘・丘陵(旧名・横山)に築かれた平山城で、
その地形の姿から
臥龍城と呼ばれています。
1579(天正7年)中世に造られた横山城を攻略した明智光秀は、
ここに近世的な城郭を築き、
城名も「福
山城」と改めました。
尚、江戸時代の城主、朽木氏により「福
山城」に改められました。

天守内は、郷土郷土資料館になっております。



実はカニ以外に…住まいの大阪では、
めったな事に見られない雪景色を楽しみにしておりましたが
福知山城も香住も・・・雪ナシ
写真は福知山から香住に向かう途中の「村岡」・・・車中からの眺めです。



トイレ休息の「道の駅・村岡」で見かけた「すごまん」「かにまん」
凄い名前ですネ。
食べたかったけど・・・
あと40分くらいで香住のカニが待っていると聞いては、食べるわけには・・・
帰りは此の道は通らないという事で、残念ながら吟味は次回に・・・









さァ、香住に着きましたよ










                              ココクリック(カニの歌)