貸切チンチン電車で行く
堺歴史ハイ


大阪市内に随一残る路面電車
我々は小さい頃から、その電車を『チンチン電車』と呼びました。
正式名称は阪堺電気軌道株式会社、略して『阪堺電車』


阪堺(ハンカイ)の字の通り、大阪市と堺市とを結ぶ軌道であり、大阪ミナミの恵美須町から堺市
内の浜寺駅前に達する本線とも言うべき阪堺線と、同じく大阪ミナミの、主要ターミナルでもある
天王寺駅前から住吉公園へと向かう上町線からなり、大阪市交通局(市電)と阪神電気鉄道軌
道線(通称、阪国)が全廃された今、大阪に唯一残る路面電車となってしまいました。
今日はその阪堺電車の車両を一台貸し切っての堺・歴史ハイクです。

「あびこ車庫」の見学もさせていただきました。
この車庫には、古い古い車両も保管されています。


0
今も現役、明治の駅舎

南海電気鉄道株式会社 南海本線浜寺公園駅駅舎
浜寺の海岸は古くから白砂青松の名勝の地として著名でした。
明治5年(1872)には、浜寺公園が造られ、明治30年(1897)には
鉄道の駅が作られました。明治時代に建築された数少ない現役の
駅舎としても貴重な建物です




チンチン電車は何と言っても色とりどりにペイントされた「ボディ広告」が目を引きます。
貴方のお好みは








此の車両には、乗りたくないス。と、云っているのは誰ですか〜               


ボディ広告の費用は、意外にお安い!、貴方も如何ですか




我々に提供された貸切車両は・・・( _ - _ ;)ウーン・・・
誰が選んだダッシュ(走り出す様)・・・ご好意かナ〜・・・洒落かナ〜
                 いずれにしても、もうすぐ お世話になります手(チョキ)


0000000000000000000000000000000000000000000000000000
お昼からは歴史の町・堺のウォークです。

平安時代、この地が摂津・河内・和泉の3国の境に位置しているところから「さかい」と
呼ばれるようになりました。
鎌倉時代には漁港として発達し、その後西日本の海運の拠点として発展。
そして戦国時代、堺は貿易港として黄金の時代を迎えます。堺は、対明貿易や南蛮貿
易など海外との交流拠点として発展しました。当時の堺は世界でも珍しい環濠都市を
形成し、自治都市として繁栄しました。
      00000000000000000000000000000
千利休屋敷跡
堺の裕福な町衆、魚屋(ととや)に生まれた利休は、早くから茶の湯に親しみ北向道陳、武野紹鴎に師事しました。堺の豪商の一人でもあった利休は茶の湯をもって信長に接近し、その死後は秀吉の茶頭として仕えながら茶道を大成しました。
北野の大茶会を取り仕切るなど、天下一の茶匠として権勢を振るいましたが、小田原の役後秀吉の怒りにふれ自刃しました。

与謝野晶子生家跡
堺の甲斐町に和菓子で有名な駿河屋の三女として誕生した晶子は、明治・大正・昭和を短歌とともに生き、「情熱の歌人」と呼ばれました。また同じ文学者鉄幹(寛)の妻であり、11人の子どもたちの母でもありました。
明治三十四年に出版された「みだれ髪」は、鉄幹へのあふれる愛と青春のみずみずしさを歌いあげ、浪漫主義の代表作となりました。

♪、海こひし 潮の遠鳴り かぞへつつ おとめとなりし 父母の家

開口神社
開口神社(
あぐちじんじゃ)は、堺市堺区にある神社である。地元では「大寺さん」とよばれている。式内社で、旧社格は府社。
毎年9月中旬にかけて行われる「八朔祭」には、堺最古の歴史を持つ
ふとん太鼓がかつぎだされます。

菅原神社
菅原道真自作の木像が堺の浜に漂着し、これを祭ったのがはじまりといわれています。天神さんと呼ばれ、堺戎としても有名です。鉄砲鍛冶・榎並屋勘左衛門の寄進により、延宝5年(1677年)に建てられたと伝えられる楼門は大阪府指定有形文化財です。これの特徴のひとつは軒を支える複雑な組物に、彫刻を刻んだ絵様肘木という肘の形をした組物を用い建築技法を簡略化していることで、府下では数少ない楼門建築として貴重です。

ザビエル公園
その昔,フランシスコ=ザビエル(St. Francis Xavier)が,近畿で布教活動を始めた地と言われる豪商日比屋了慶の屋敷跡につくられ,堺の歴史の名所として訪れる人の多い公園です。


堺刃物伝統産業会館
会館のパンフより
堺の刃物を中心とした伝統産業を、気軽に見て、触れて、体験していただける会館です。打刃物の製造工程見学や、刃付・研ぎ教室などの体験を通じて、堺が誇る刃物職人の「匠の技」に触れていただくことができます。また堺の地場産品の展示・販売も行っており、堺の魅力を再発見していただけます。


鉄砲鍛治屋敷(内部は未公開)
種子島に伝わった鉄砲の製法を橘屋又三郎などが堺に伝えてから、堺は日本一の鉄砲生産地になりました。現在、江戸時代の鉄砲鍛冶屋敷の面影を残す唯一の貴重な建築物で、市の指定有形文化財になっています。
江戸時代から続く堺の鉄砲鍛冶井上関右衛門の居宅兼作業場兼店舗で、「元禄二年堺大絵図」にも記載されています。

本願寺堺別院
足利義氏の第四子祐氏が、本願寺覚如(親鸞の曾孫) に帰依して、ー寺を創建したのがその初めと伝えられ ています。
本堂は文政8年(1825)に再建されたものであるが、堺市に現存する木造建築としては最大のものです。
与謝野鉄幹の父が西本願寺の院内僧であった関係で、 戦後晶子の歌碑がたてられました。
歌碑は晶子の筆跡で、きざまれています。
♪、劫初より 作リいとなむ殿堂に われも黄金の釘 ひとつ打つ

妙国寺
1562年建立の日蓮宗寺院。
境内にある蘇鉄は樹齢1100年といわれる大小120本の幹枝を持つ大木です。
織田信長の所望で安土城に移植したところ、「堺に帰りたい」と毎夜泣いたので、再び妙国寺に返したという伝説があります。
その木は妙国寺で
蘇りました。だから蘇る鉄のように強い木で・・・ソテツは蘇鉄と書きます。
大正13年、国の天然記念物に指定されました。


妙国寺
森鴎外
の小説「堺事件」(明治初年の土佐藩士によるフランス水兵殺傷事件)
の舞台となった寺で、事件の責を負った土佐藩士11名が切腹した地です。
(堺事件の詳細はココをクリック)

妙国寺には、与謝野晶子の妙国寺を読んだ碑があります。


堺は「戦国時代」にはこの町を訪れたイエスズ会の伝道師達に
『堺の町は、はなはだ広大にして富豪な商人が多数おり、
          ベニスの如く執政官により治められている。』

といわしめ、さらに、「日本全国当地・堺より安全な所なく、
他の諸国において動乱あるも
この堺には勝者敗者もなくこの
堺に至れば、皆平和である」と云われていたとか・・・。










本日の付録
古今東西・
珍食